リザクト(マクサルト)で片頭痛を素早く効果的に治す方法を伝授。病院の処方せんなしで合法的に医薬品を購入する方法とは。

リザクトで片頭痛から脱却!ただしく飲んでスッキリ解消する方法

リザクト(マクサルト)で片頭痛を素早く効果的に治す方法を伝授。病院の処方せんなしで合法的に医薬品を購入する方法とは。

リザクトで片頭痛から脱却!ただしく飲んでスッキリ解消する方法

リザクトでつらい片頭痛を
スッキリ解消

リザクトは片頭痛急性期治療薬

急性期治療(頓挫療法)は、頭痛が発作的に起こった時に、なるべく早く頭痛を抑えるための治療法です。

リザクトはその治療のための医薬品で、拡張した血管を収縮し、血管周辺の炎症をとることでツライ頭痛を緩和します。

リザクト5mg

男性は20~30代、女性は30~40代の方にこのような症状が多く、発症すると、数時間から数日にわたり持続し、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

あまりの痛みに仕事や家事が手につかないほどの症状に苛まれる場合も。
通常の頭痛の経験しかない方には、理解しがたい痛みなのかもしれません。

休むことを申し入れても「たかが頭痛くらいで」などと陰口を叩かれ、職場や家庭内で肩身の狭い思いをしながら、心の痛みにも耐えている方も多いのではないでしょうか

速やかな治療をともに、よき理解者を得ることも対策のひとつです。
また我慢できないほどの症状の場合は、無理を続けず、専門医の診察を受けましょう。

片頭痛と緊張型頭痛の違い

片頭痛とは、こめかみかた目のあたりにかけて発作的に痛み、ズキズキとした痛みが生じるのが特徴です。

その片頭痛に近い症状の頭痛をご存じですか?
緊張型頭痛と呼ばれるもので、片頭痛と勘違いされる方も多くいらっしゃいます。

主な症状として、

  • 日々一定の鈍い痛みが続く
  • 軽いめまいが伴うことがある
  • 肩こりがひどい など
頭痛に悩む女性

これらもツライ症状には違いありません。
パソコン作業で目を酷使する業務が多くなった昨今、自ら「片頭痛持ち」と口にされている方の中にかなりの割合でこの緊張型頭痛の方が含まれています。

頭痛の名称なんかどっちでもいいじゃないか、というお声も聞こえてきそうですが、実は、緊張型頭痛と片頭痛、対策方法が真逆なのです。

緊張型頭痛は、ストレッチやマッサージで血流をよくし、筋肉の緊張をほぐすとラクになります。

片頭痛発症時には冷たいタオルなどで、まず患部を冷やし、安静にすることをオススメします。
原因は明らかにされていませんが、頭の中の血管が拡張して炎症を起こって痛むと考えられているため、マッサージや運動、入浴でカラダを温めることは逆効果なのです。

片頭痛の場合は、早めにリザクトを飲んで、静かな部屋で横になって休むのが得策です。

リザクトの購入はコチラ

リザクトは頭痛発症時の
早期服用が決め手

片頭痛薬の「リザクト」は、ズキズキとした痛みが発症したら、なるべく早めに服用すると効果的です。

片頭痛の前兆の有無により、前兆のある片頭痛と前兆のない片頭痛という分類をされています。

前兆のある片頭痛の多くは、

  • 目の前がチカチカする
  • 視界の一部にギザギザした光が現れる(閃輝暗点)
  • 半身の脱力やしびれなどの感覚障害
  • 言語障害など

頭痛の予感や、眠気、気分の変調などの漠然とした症状は、片頭痛の予兆とよばれ、前兆の症状と区別した言い方をされています。

前兆の症状の有無にかかわらず、「リザクト」1回10mgを片頭痛の症状が出始めてすぐに服用します。
効き目の早い方なら15分くらいで効果が出始めます。

1日の上限は20mgですが、追加で服用する場合は、1回目の服用から2時間以上の間隔をあけて飲むようにしましょう。

マクサルト後発薬・
リザクトをオススメする理由

医薬品を通販購入する方法

片頭痛に効く薬として「マクサルト」は有名ですが、日本では医師・薬剤師による処方が必要なため、ドラッグストアなどでは市販されていません。

市販されている頭痛薬で有名なのはロキソニンですが、残念ながら片頭痛の場合、ロキソニンでは鎮痛効果が弱いのです。

病院して処方せんをもらえば、調剤薬局で「マクサルト」を購入することは可能です。

ただ「片頭痛持ち」の方の多くは、遅くまで仕事をしたり、家事や子育てに追われていたり、ほとんどの方が多忙な日々を過ごしています。

通院する時間がなかなか作れないで、とりあえず市販の頭痛薬に頼っている方も多いのではないでしょうか。

海外医薬品を通販購入することが可能です。

届くまでに多少日数を要しますが、日本の薬事法に遵守した個人輸入代行サイトもあり、安心して購入することができます。
医師の処方せんも不要なので、診察料もかからず、お得に入手することが可能です。

リザクトは「マクサルト」
ジェネリック

ジェネリック医薬品とは、先に開発された薬(先発薬・新薬)の特許期間が満了した後、先発薬と有効成分が同じで、同じ効き目をもつ薬(後発薬)です。

先発薬を参考に後から開発された薬のため、先発薬よりも低価格で販売されます。

昨今、日本でも厚生労働省が、医療費削減のため、ジェネリック医薬品を薦めているので、その言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

マクサルト10mgの場合、1錠あたりの薬価が約945円。
保険適用3割負担としても、約284円(+診察料)となります。

病院の待合室

リザクトも先発薬のマクサルトと同じ有効成分で、血管を収縮、また血管周辺の炎症を抑制して、ツライ片頭痛を和らげる効果があります。

そのマクサルトジェネリックのリザクト10mgを購入したの場合、1錠あたりの薬価が198~220円。
個人輸入の場合は、医師の処方せんも不要なので、診察料もかからず、お得に入手することが可能です。

薬価が安くて便利、これがリザクト通販をオススメする理由です。

通院する時間がなく、片頭痛症状をがまん、もしくは、効き目の弱い薬の代用でがまんされている方には、リザクト(マクサルト・ジェネリック)の購入をオススメします。

リザクトはトリプタン系の
片頭痛薬

リザクト(一般名:
リザトリプタン)について

リザクトは片頭痛の根本的原因を抑制するトリプタン系の医薬品です。
1997年にイギリスで承認された薬剤で、日本では2000年に注射薬、2001年に経口剤が処方できるようになりました。

リザクト(一般名:リザトリプタン)の主な作用は以下のとおりです。

  • 脳血管の拡張と神経(三叉神経)への刺激を抑える
  • 拡張した血管を元に戻し、神経ペプチド(*)の放出を抑える
  • 三叉神経が受けた刺激を大脳に伝達されるのを裁ちきる
    *神経ペプチド・・・興奮の伝達、抑制に作用する神経伝達物質。

この3つの作用で、片頭痛だけでなく、吐き気・嘔吐・光過敏・音過敏などの随伴症状の軽減できます。

リザクトの服用のタイミングとして「頭痛発症時にすぐ」というのは、軽度から中等度にさしかかる前の頭痛期に最も効果的な作用をするためです。

片頭痛がひどくなってからだと薬剤の効果が十分に発揮されません。
頭痛ピーク時に飲んでもまったく効き目がないわけではありませんが、頭痛発症時になるべく早めに服用する方が、よく効くということです。

また使いすぎると「薬物乱用頭痛」を引き起こす懸念があるので、頭痛予防薬としての服用はしないでください。
頻繁に片頭痛が発症する方は、インデラル(プロプラノロール)など頭痛予防薬の使用のご検討をおすすめします。

リザクト(リザトリプタン)とインデラル(プロプラノロール)は併用禁忌です。
絶対に併用はしないでください。

頭痛の発症

他のトリプタン系の
片頭痛薬について

トリプタン系の片頭痛薬にはリザクト(マクサルト)の他に、アマージ、イミグランなどがあります。

即効性のあるリザクト(マクサルト)、イミグランには、すぐに服用できるタイプの口腔内速溶錠や口腔内崩壊錠も製造されています。

口腔内速溶錠や口腔内崩壊錠は、水なしで飲める薬ですが、服用時に苦味を感じることもあるようです。また壊れやすく、専用ケースにいれて持ち歩く方が多いようです。

口腔内で溶けても、成分の吸収は主に腸でされるので、錠剤を服用するのと効きはじめは差ほどかわりません。
(水で飲むか水なしで飲むかの違いですね。)

イミグランには、点鼻薬、注射薬もあります。

点鼻薬は、副作用として吐き気が強く出やすいので要注意です。

注射薬は、一番即効性があり確実に効果が現れます。
ただし発作時に通院してうってもらうか、自身で注射する場合は事前トレーニングが必要です。

アマージは、トリプタン系の中では長く効くタイプの片頭痛薬です。
ただし、即効性はありません。

このように、同じトリプタン系の薬にもいろいろ種類があります。
服用の際は、ご自身に適した剤型を選択しましょう。

知っておきたい
リザクト服用時の注意

医薬品には効果だけではなく、副作用もあります。

服用後起こりうる主な副作用は、めまい、動悸、吐き気、眠気、倦怠感などです。
眠気が強く出ることがあるので、運転や危険な作業は避けた方が無難です。

なるべく副作用を抑え、医薬品の効果を引き出すために、服用上の注意は必ず確認しておきましょう。

循環器系疾患のある方は服用注意

リザクトは、血管を収縮させる作用があります。
心筋梗塞、狭心症などを悪化させる懸念があり、循環器系疾患のある方には不向きな薬です。
肝臓病、腎臓病、てんかん、高血圧症の方なども服用には注意が必要です。

他の片頭痛薬との併用はNG

そもそも片頭痛持ちの方は、常用している薬はあると思われますが、それらの薬とは併用してはいけません。

エルゴタミン系の片頭痛薬と一緒に飲むと、血圧上昇などの副作用が出やすくなります。
同じトリプタン系薬剤も同時服用してはいけません。
これらとは先の服用後、24時間以上間隔をあけて飲む必要があります。

また頭痛予防薬として、インデラル(プロプラノロール)を飲んでいる場合は、リザクトは飲まないでください。

片頭痛の服用薬は、必ずひとつに定めて飲むようにしましょう。

併用禁忌薬がたくさんある

ほかにも、飲み合わせに注意しなければならない薬がたくさんあります。
片頭痛薬に限らず、別の薬を飲んでいる場合は、お医者さんに相談してください。

リザクト(リザトリプタン)併用禁忌薬

食生活などで控えるべきもの

飲酒や喫煙も控えましょう。
血管拡張作用を避けるためです。

特に赤ワインはNGです。
チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルトとともに、頭痛誘発する食品だからです。

頭痛を誘発する食品には、チラミン、亜硝酸、グルタミン酸ナトリウムが多く含まれています。
多量摂取は避けましょう。

飲酒飲食に関しては、日常から意識してこれらの成分摂取を控えると、片頭痛誘発をある程度防ぐことができますので、生活改善の参考になさってください。

いかがでしたか?

処方せん医薬品も、薬事法による制限を守れば、処方せんがなくても合法に入手することができるのです。
リザクト(マクサルト)は、1ヶ月分の分量であれば、輸入可能な医薬品です。

薬事法ルールに則って運営をしている個人輸入代行サイトでは、輸入用量の説明なども記載されているはずです。

通販をする際には、それらの内容も確認をして購入するようにしましょう。
正しく使用していただき、少しでも症状が軽減するようなら幸いです。

しかしながらこれで安心してはいけません。

頭痛には、さまざまな病気が隠れていることがあります。たかが頭痛とあなどってはいけません。

痛みがひどい時には無理をせずに、脳神経外科や神経内科などの診察を受けるよう心がけてください。